青の花茶の副作用と安全安心な飲み方

美しい女性が多いと言われている美容大国タイ。
現地の女性を中心に美容やエイジングケアにも効果があると注目を集めている天然ハーブがバタフライピーです。

日本ではまだあまりなじみがありませんが、タイの女性たちは日常的に取り入れていると言われています。

そんなバタフライピーをブレンドした大ヒット商品が、「青の花茶」です。

以前からバタフライピーが気になっていた方はもちろん、ご存じない方からも青の花茶は大変好評となっており、特にダイエット効果に優れていると人気を集めています。

青の花茶には、バタフライピーだけではなく甜茶、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキどういったハーブが配合されており、とても甘くまるでジュース感覚で飲むことができるハーブティーになっています。

ダイエット中でも青の花茶の甘味成分は体には蓄えられない特性があるため、安心して楽しむことができ、さらにリラックス効果や体のリズムを正常に戻す効果が期待できるため、女性の心強い味方となってくれます。

青の花茶は、バタフライピーを主成分として取り入れているため見た目も鮮やかなオリエンタルブルーのお茶です。

青いお茶なんて体に悪いのではないかと不安になる方もいるようなので、青の花茶の副作用や安全性について調べてみました。

今まで取り入れていて副作用があったと言う報告例はなく、さらに安全性についても原料の段階で一つ一つ安全性の確認の取れたもののみを使用しているため、安心して取り入れることができます。

もともと体に良いと言われているハーブをブレンドして作られた、ダイエットにも効果のあるお茶となっているので、基本的には気軽に取り入れることができます。

ただし、健康食品は卵や牛乳などの食品と同じように、食品アレルギーなどにより体に合わない場合もあります。
実際に飲んでみて明らかにいつもと違う症状が現れた場合には利用を控えてください。

また、妊娠中や授乳中の女性や持病により薬を飲んでいる人は、担当の医師や薬剤師に相談してから取り入れるようにしましょう。

続いて基本的な飲み方です。
ティーバッグ一包で約1リットルのお茶を作ることができるため、水やお湯をつぎたして色や味がなくなるまで利用することができます。

アイスでもホットでも飲むことができるので、その時の気分に合わせて飲み方をいろいろ変えると飽きずに続けていくことができます。
さらにバタフライピーの青色はクエン酸に反応して鮮やかなパープルに変化するため、レモンやライムなどを加えて飲むのもオススメです。

青の花茶は、ノンカロリーノンカフェインとなっているので時間等を気にすることなく、いつでも飲むことができます。

ダイエット目的で取り入れる場合には、小腹が空いたときなど間食したくなったときに青の花茶を取り入れることにより、食べたい衝動を緩和することができます。

青の花茶の口コミ評価!バタフライピー(アンチャン)でダイエットできる噂は本当?

甘いものが食べたくなったり、小腹が空いたと感じたときには、青の花茶を飲むようにしてくださいね!

公式サイト↓
4465

Hs