母なるおめぐみの副作用と安全安心な飲み方

子どもはできるだけ母乳で育てたい…。

そう望まれる方は少なくありません。

しかし、実際には赤ちゃんが飲みたがっているタイミングで出なかったり、量が少なかったりと母乳に関する悩みが多いのも事実です。

今、母乳に関する悩みをもつ女性の強い味方となってくれる、と話題のお茶があるのをご存じでしょうか。

母乳育児サポート飲料、母なるおめぐみ

「母なるおめぐみ」は、お薬ではないのに、使用した方の95.2%が効果を実感し、満足感を得るなど高い評価を得ています。

そこで、今回は母なるおめぐみがなぜ母乳に効果的なのか、副作用と効果的な飲み方とあわせてご紹介したいと思います。

母乳にはホルモンと栄養、血液のめぐりこの3つの要素が深くかかわっています。

出産まではまだ母乳が出ないように、エストロゲンが分泌されていますが、出産を機にプロラクチンという母乳を生成するホルモンに代わります。

プロラクチンによって生成された母乳は、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで出るオキシトシンという成分の働きによって授乳が可能になります。

しかし、育児や他のストレスの影響や、産後のホルモンバランスの乱れによって分泌されないと、母乳が出なくなってしまいます。

また、母乳の原料は血液です。

血液は体内に摂取した栄養を運搬する役割があるため、さまざまな栄養素が詰まっています。

しかし、お母さんがバランスの良い食事を行っていなかったり、栄養が不足していると母乳が生成されなくなってしまうのです。

さらに、血液の流れが悪く体が冷えていると母乳をうまく供給できません。

そこで、「母なるおめぐみ」がこうした悩みを解決してくれます。

母なるおめぐみの原材料は北海道産の天然あずきのみです。

あずきには、カルシウムやミネラル、ビタミン、葉酸、亜鉛などの栄養素がたっぷり含まれています。

これらの栄養素を食事から摂ろうとするのは、ただでさえ育児で忙しいお母さんにとって大変です。

サプリメントも数多く摂取すると、臓器に負担になってしまいますし、添加物も気になります。

母なるおめぐみは100%天然成分であり、無添加、国内の厳しい衛生基準をクリアした工場で製造されているので安心です。

あずきは栄養分だけでなく、アンチエイジング効果のあるポリフェノールやむくみを解消してくれるカリウム、血行を改善してくれるサポニン、食物繊維が豊富なので、美容にも効果たっぷりなのです。

唯一気になるのは味と副作用ではないでしょうか。

味に関しては、お豆のお茶ですので、香りも強くなく、ほんのりやわらかなあずきの香りがリラックスさせてくれます。

また、完全に無添加のあずきのみですので、副作用もほとんど気にしなくて大丈夫といえるでしょう。

ただし、あくまでお茶ですので摂り過ぎは胃にとって負担となる可能性がありますのでお気を付け下さいね。

飲むタイミングは喉が渇いたときの水分補給として、またはお食事と一緒に、リラックスタイムに…など一日のうちどのタイミングでも大丈夫です。

母乳の悩みで頭がいっぱいなあなた。
母なるおめぐみの口コミ!母乳が出るようになるって本当?

あずきのお茶でリラックスして母乳つくりにも役立ててみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓
母なるおめぐ実

HG