カメヤマ酵母の副作用と安全安心な飲み方

発売後700万食を突破したカメヤマ酵母。

カメヤマ酵母は、独自に開発された3つの効果により、日頃の乱れた食生活をサポートしてくれると高い注目を集めています。

実際にカメヤマ酵母を取り入れている方の口コミを見ると、良い評価と悪い評価が存在するため、今日は副作用等についてお話ししていきたいと思います。

それではまず、3つの効果についてご紹介していきましょう。

まず1つ目は生きて届く酵母菌を配合しているところです。

体に効果的だと言われている酵母菌はどれでもいいと言うわけではありません。
酵素は非常にデリケートで一般的な酵母や酵素の場合には胃酸や熱処理などにより死滅してしまい体に対して高い効果を実感できなくなるケースがあります。

しかし、カメヤマ酵母は特殊加工された生きている酵母の消化耐性を活用して開発されているため、独自に開発された特殊コーティング技術により胃酸にも耐えることができる商品となっています。
その証として、常温で2年以上も元気な酵母菌を保つことが可能です。

続いて2つ目が持ち運びが簡単で外食がちな食生活をしっかりとサポートできる点です。

カメヤマ酵母のような健康サポート食品は日常的に取り入れることにより高い効果をもたらすため、外出先などにも清潔に持ち運びができるように一食分ずつ小分け包装となっています。

様々な生活シーンで栄養バランスをしっかりとサポートしてくれるから、会社でのランチタイムや、外食がちな方の食生活をサポートします。

最後に3つ目が豊富な栄養素が凝縮して配合されているところです。

カメヤマ酵母には、12種類のビタミン、15種類のアミノ酸、パン酵母、5種類のミネラル、ビフィズス菌とオリゴ糖が凝縮して配合されているため、日ごろの栄養サポートをしっかりと行うことができます。

さらに貴重な植物抽出ミネラルを配合して作られているので、自然の大地から吸い上げた野生植物のミネラルだけを体内へ取り入れることが可能です。

続いて悪い口コミから見る副作用についてですが、カメヤマ酵母を取り入れるようになってから便秘がちになってしまったという声があがっています。

なぜ、腸内環境を整える効果が高いと言われているカメヤマ酵母で逆に便秘がちになってしまうのか。

その点についてメーカーに問い合わせてみたところ、酵母の作用により一時的に水分を取り入れる働きがあるため、それによって便秘がちになってしまうケースがあるということです。

カメヤマ酵母を取り入れてから便秘がちになってしまったという方は、日ごろから水分を多めに取り入れるように工夫してみて下さい。

このようなちょっとした工夫により、副作用だと思っている便秘を解消することができます。

そして、カメヤマ酵母を安心安全に取り入れるためのコツとしては、食後15分以内に摂取すること。
さらに、糖分やカロリーの高い食事の後は欠かさずに取り入れることが大切です。
カメヤマ酵母は、食べ過ぎても太りにくくなるのは本当?

先ほどもお話ししたように持ち運びにも便利にできているため、3食の食事の後に取り入れるようにしてください。

公式サイト↓


Hs