藻のすごい青汁の副作用と安全安心な飲み方

栄養価が高く健康に良いとされている青汁。

しかし青汁には良いイメージばかりではありません。
青汁のイメージは、

まずい
継続して続けられない
高い
子供が飲みたがらない

このようなデメリットもあり、なかなか購入に踏み切れないかと思います。

そんな青汁の中でも、多くの方が指示しており高い注目を集めているのが

藻のすごい青汁です。

この商品が他の青汁と大きく異なる点は、主成分に配合されている原料です。

一般的な青汁の多くは、大麦若葉やケールが主原料となっていますが、藻のすごい青汁は話題のDICスピルリナを採用しています。

そもそもDICスピルリナとは、約30億年前から存在する栄養価と生命力を誇ります。

スピルリナはスパイラル状の藍藻の一種であり、約30億年前に地球に出現した最古の植物です。
スピルリナほどの高い栄養素のものはあまり見ないと言っても良いほどスーパーフードとして注目を高めているのです。

では、そんな藻のすごい青汁にはデメリットはないのでしょうか。?
良い面だけでなく、副作用や安全性等についてもお話ししていきたいと思います。

DICスピルリナは、世界初の自社ファームにて育成と量産化に成功しています。
今現在、世界数10カ国で愛用されており、信頼と安全性には高い評価を得ているのが現状です。

そのため、安全性については問題なく取り入れることができるため、お子さんも含め家族全員で取り入れることが可能です。

次に、藻のすごい青汁の副作用についてです。

青汁は体に良い健康食品として知られていますが、実は100%誰にでも体の良い健康食品とは言えません。

その理由は、青汁に含まれているビタミンを含む栄養素の摂取を控えなきゃいけない持病があるからです。

これは単なる一例になりますが、血流の流れを良くすることで血栓を防ぐ抗凝固剤があります。
その中の1つには、青汁に含まれているであろうビタミンKが一部の薬であるワルファリンとの飲み合わせが悪いため、青汁の摂取を控えるべきだと言われています。

また、人工透析等を行っているような腎臓に疾患を持つ場合には、青汁の摂取は絶対にお勧めできません。
野菜や果物に多く含まれているカリウムには、健康な人にとっては良い効果をもたらすものの、腎臓が悪い人にとっては体に毒になる可能性があります。

これは、藻のすごい青汁だけの話ではなく、一般的な青汁にも当てはまることなので、豆知識として覚えておいてくださいね!

藻のすごい青汁自体は、基本的にアミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく配合されているため、通常のケースでは体に良い効果をもたらす方が高いでしょう。

DICスピルリナは、消化吸収率が95パーセントと驚異の数字を誇るため、胃腸に負担をかけることもありません。

また、妊娠中の女性や授乳中の女性。
そして医師により食事制限をされている方は担当医などに相談の上お試しくださいね!

藻のすごい青汁の口コミ効果!他と何が違うの?

HGs