生漢煎 防風通聖散の副作用と安全安心な飲み方

寒さが厳しい季節が間もなく終わりを迎えようとしていますが、この記事を読んでいるあなたは薄着の季節に向けて準備万端でしょうか?

この冬の間にたくさんの脂肪をため込んでしまって途方に暮れているなんてことはないでしょうか?

実際に冬の間は基礎代謝が高いと言われているのですが、寒すぎて外に出かけなかったり、運動をせずに部屋にこもっていることが多いかと思います。

それだけではなく、冬から春にかけては歓送迎会など飲み会、打ち上げが多いので必要以上に食べたり飲んだりが多いと思います。

そんなこんなで溜めてしまった脂肪がおなか周りを独占している、どうにかしたいという方におすすめしたいのが生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)という漢方薬です。

この漢方薬は18種類もの生薬が配合されており、体の代謝を上げてめぐりをよくし、不要なものを体の外に排出してくれるので脂肪の減少や頑固な便秘の改善に期待ができる漢方薬です。

実際にこの漢方薬を試してみた方の体験談として、1週間程度で頑固な便秘が改善された、1か月程度飲み続けて体重が3キロほど落ちたというものがあります。

おなか周りの脂肪にお悩みのあなたにこそぜひすぐに試していただきたいのですが、この生漢煎 防風通聖散には副作用などはないのでしょうか?

特に一般的な医療機関を受診していて普段から医薬品を使用しているという方は注意が必要ですよね。

そこで今回は生漢煎 防風通聖散に副作用があるかどうか、生漢煎 防風通聖散の安全安心な飲み方についてご紹介します。

〈生漢煎 防風通聖散に副作用はあるの?〉

生漢煎 防風通聖散には公式通販サイトが用意されており、そのなかによくある質問コーナーがあります。

そこには副作用の心配について回答があります。

それによると、他の医薬品と一緒に飲む場合には体に負担をかけることがあるので、医師や薬剤師と相談して使用すること、とあります。

そして特に便秘に対して効果があるため、作用が強く現れるのを防ぐために他の下剤とは一緒に使用しないこと、とあります。

一般的に漢方薬は天然由来成分からできているので副作用の心配が少ないとされていますが、このように作用が強く表れてしまう場合があるのです。

そのため他の医薬品を使用している場合には、必ずかかりつけの医師や薬剤師と相談してから使用するようにしましょう。

〈生漢煎 防風通聖散の安全安心な飲み方〉

それでは安全に飲みながら防風通聖散による良い変化を実感する方法はないのでしょうか?

それは生漢煎 防風通聖散の使用方法を守って飲み続けることです。

先ほどのよくある質問コーナーにも生漢煎 防風通聖散の飲み方が掲載されています。

それによると成人(15歳以上)の場合、1回1包、1日3回朝昼夕、食前または食間にそのまま水かお湯と一緒に飲むこと、とあります。

この食前または食間に飲むというのがポイントで、通常の西洋の医薬品の場合には胃を傷めないように食後に飲むのが一般的です。

しかし、漢方薬の場合には空腹時に飲むと変化がよりよく実感できるのです。
生漢煎 防風通聖散の口コミ!冷え・むくみ・ダイエット効果は本当?
〈まとめ〉

いかがでしたか?

生漢煎 防風通聖散には、副作用の心配は少ないのですが、飲みすぎたりすると下痢をしたりすることもあります。

なおかつ他の医薬品を使用している場合、下剤を使用している場合には注意が必要です。

安全安心に使用するために、必ず飲み方をよく読んで飲むようにしましょう。

おなか周りの脂肪にお悩みのあなた、ぜひ生漢煎 防風通聖散ですっきりしたおなかを目指しましょう!

公式サイト↓

us