トンデケアは、薬服用中だけど相互作用とか大丈夫?

関節痛や肩こり改善で人気のトンデケアですが、やっぱり、どれだけ効果があっても副作用や相互作用が起きやすいとなると、飲み続けられませんよね。

では、他に何か薬を飲んでいる場合には、トンデケアを一緒に飲んでも大丈夫なのでしょうか。

そこで今回は、トンデケアの成分を一つずつみていき、その安全性や、他の薬との飲み合わせについて見ていきたいと思います。

まず、トンデケアの成分から見ていきましょう。

フルスルチアミン塩酸塩:ビタミンB1誘導体とも呼ばれ、関節痛の症状を改善するトンデケアの主成分

ピリドキシン塩酸塩:筋肉の元となるタンパク質の代謝に関係する成分

シアノコバラミン:筋肉の機能低下を予防する成分

ビタミンEコハク酸エステルカルシウム:毛細血管を拡張して栄養や酸素が行き届きやすいようにサポートする成分

ニコチン酸アミド:皮膚や粘膜を正常にキープする作用や血の巡りを良くする成分

パントテン酸カルシウム:細胞の形成、ホルモンの生成に関与

ガンマオリザノール:抗酸化作用(老化を防いでくれる働き)がある

これ以外の成分は薬剤を製造するために必要な添加物となっています。

見てみると、ビタミン類がほとんどで、副作用が懸念されるような成分が入っているわけでありません。

口コミでも人気です。
トンデケアの口コミ効果を評価!他の関節痛薬との違いや噂は本当?

市販薬の中でも、第3類医薬品に指定されていますし、厚生労働省でも安全性の高い市販薬としての位置付けとなっていますから、単独で飲む場合には、気にされる必要はないでしょう。

ただし、トンデケアはサプリではありません。

効果、効能が認められた医薬品ですので、他の薬と併用して飲む場合には、飲み合わせに注意が必要です。

特に、上にご紹介した成分と同じ働きをする薬や反対の働きをする薬を飲まれている場合は、医師に相談されるのがベストです。

とはいえ、何種類も薬を飲まれている方も多いでしょう。

そういう場合には、一つ一つの薬について調べるのは大変ですから、病院や薬局で、医師や薬剤師に飲んで見たいけれども飲んで良いだろうかと尋ねてください。

医師に飲んでも大丈夫と言われてから飲むほうが安心ですよね。

また、薬は服用していなくても、注意が必要な方がおられます。

例えば、妊娠中の方や、授乳中の方も、赤ちゃんへの影響を考慮して、トンデケアを飲んでも大丈夫か、医師に確認するのが安心でしょう。

いかがでしたか。

今回はトンデケアの相互作用についてご紹介しました。

せっかく買ったのに、相互作用が気になって飲めないとなるともったいないですよね。

ぜひ公式サイトをチェックして、飲み合わせを医師に確認してから摂取するようにしましょう。

⇩⇩お得なセットがある公式サイトはこちら!
トンデケア
【トンデケア】関節痛・神経痛に効くお薬

rs