【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプは、薬服用中だけど相互作用とか大丈夫?

年齢が上がるにつれて血圧は高くなる傾向にあることをあなたはご存知でしょうか。

若い頃は平常値であっても、年齢を重ねることにより徐々に血圧が高くなり、特に40代50代になると血圧が正常よりも高い方が急増していきます。

血圧を下げるためには、日ごろからの生活習慣と食生活が非常に大切になってきますが、人間なかなか普段の習慣を変えることができません。

そこで血圧が高めの方のために開発された機能性表示食品が、理研ビタミン株式会社から発売されている、わかめペプチド粒タイプです。

この商品には高めの血圧を下げる機能があることが報告されており、機能性関与成分であるわかめペプチドが配合されています。

わかめペプチドをご存じない方も多いと思いますが、ワカメペプチドはわかめに含まれるタンパク質を、酵素で分解してできたペプチドの集まりです。

アンジオテンシン変換酵素の働きを阻害する作用があることから、血圧を上げる物質の生産が低下します。

さらに血圧を下げる物質の分解が減ると言うダブルの作用で血圧を安定させてくれます。

もちろんわかめペプチド粒タイプは、医薬品ではないので、日頃の食生活にプラスする補助的なものになります。

たいした効果が期待できないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、実際に行われた検証実験データを見てみると、驚きの結果となりました。

わかめペプチドを含む食品を摂取した方は明らかに数値が変化していたのです。

【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプの口コミ評価レビュー!他の血圧サプリとの違いは何?

そして、わかめペプチド粒タイプを販売している理研ビタミンは、6年以上にわたってわかめスープを始めとした海藻製品を販売しています。

「ふえるわかめちゃん」などもご存知の方が多いのではないでしょうか。

食品メーカーだからこそできた安全性とこだわりが、安心して日々の生活に取り入れることができる証です。

そんなわかめペプチド粒タイプは、普段から薬服用中の方でも問題なく取り入れることができるのでしょうか。

相互作用なども気になったので調べてみたところ、薬を服用している方は医師や薬剤師に相談してから取り入れて下さいとの事でした。

わかめペプチド粒タイプは、生わかめ約50グラム分のわかめペプチドを含んでいる商品になります。

特に薬に影響が出るような成分ではありませんが、実際に薬を服用している方で実証実験が行われていないため、安全性が確立されていません。

そのため、相互作用などが気になる場合には、必ず薬に詳しい専門家に質問してから飲むようにしてください。

また、一時的に風邪薬などを服用している場合には、その期間を避け、体の状態が安定してから再度取り入れることをお勧めします。

さらに、わかめペプチド粒タイプは、未成年者、妊娠中の女性、授乳中の女性を対象に開発された商品ではありません。

あくまで健康状態が良好な大人を対象に開発が行われているので、この点は注意するようにしてくださいね!

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

hU