【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプの副作用と安全安心な飲み方

自分の血圧が気になる。

実は40代以降になるとこのように思っている方が半数以上だと言います。

「少し血圧が高いけれど大丈夫」

もしもあなたがこのように油断しているのなら、それは少し危ないかもしれません。

高い血圧はサイレントキラーとも言われています。

放置してしまうと、自覚症状がないまま進行し、手遅れになることもある恐ろしい状態かもしれません。

そして、自分の血圧は大丈夫だと思っていても、年齢とともに血圧が高めになってくることが判明しています。

特に男性は、50代以降になると正常よりも高めの方が増えていくことがわかっています。

高めの血圧を、少しでも改善していくためには、食生活から始めることが大切です。

しかし、実際にどんなものを食べれば血圧に効果があるのか、よくわからないですよね。

そこでお勧めしたいのが、わかめペプチド粒タイプです!

これは理研ビタミンが発見した、わかめ由来の機能性関与成分が配合された機能性表示食品になります。

機能性関与成分であるわかめペプチドには、アンジオテンシン変換酵素の働きを阻害する作用があります。

このアンジオテンシン変換酵素の働きを止めると、血圧を上げる物質の生産が低下します。

さらに血圧を下げる物質の分解が減るという、ダブルの作用で血圧を安定させることができます。

血圧上昇メカニズムに働きかけ、血圧を上げる物質の発生を抑えるだけじゃなく、血圧を下げる物質の減少を防ぐことができるので、非常に効率的です。

そもそもわかめペプチドは、わかめに含まれるタンパク質を、酵素で分解してできたペプチドの集まりです。

その中でも代表的なものはアミノ酸が2つ結合したペプチドでフェニルアラニルチロシン、ヴァリグチロシン、イソロイシルチロシンの3種類です。

実際に人による効果の検証実験も行われており、摂取期間を8週間設け、その後観察期間として4週間経過した数値を確認してみました。

すると、ワカメペプチドを含む食品を摂取した人の方が血圧に明らかな変化が見られました。

わかめペプチド粒タイプは、今までにサプリメント等に飲み慣れていない方でも安心して続けることが出来るように、小さな錠剤にぎゅっと成分が凝縮されています。

味や匂いを気にすることなく取り入れることができるので、とてもオススメです。

【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプの口コミ評価レビュー!他の血圧サプリとの違いは何?

では、ワカメペプチド粒タイプには副作用などの心配はないのでしょうか。

副作用について調べてみたところ、まれに咳が出る人がいるのだそうです。

もしもこのような症状が現れた場合には、速やかに飲むのをやめ、医師に相談してください。

基本的には誰でも飲むことができるように作られています。

そして安心安全に飲むための注意点ですが、基本的には1日4粒を目安に毎日続けていきます。

過剰摂取したからといって良い変化を早く得られるわけではないので、必ず目安を守るようにして下さいね!

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

hU