葉酸に副作用はあるんでしょうか?

アトピーでも大丈夫なのか調べてみましたよ。

何か体調に気になることがあったりアレルギー体質の人などは、食品に分類されるサプリメント摂取についても気を使うものです。

葉酸サプリメントについても同じです。

葉酸は、妊娠初期に十分に摂取することで胎児の神経管奇形を予防できるということで、妊婦さんのサプリメントによる葉酸の摂取を厚生労働省も推奨しています。

これまでは、厚生労働省が推奨しているからということであまり深く考えずに葉酸サプリを摂取していた妊婦さんも多かったのですが、最近になって、葉酸サプリによって胎児が喘息になる率が高くなるという情報が流れ、少々困惑している人も多いのではないでしょうか。

しかし、これは葉酸を過剰摂取した場合の話です。

妊娠期間中、毎日1000㎍以上の摂取によって胎児が喘息になる確率がアップするというのが正しい情報なので、厚生労働省が推奨する1日400㎍という摂取量であれば、とくに問題はありません。

問題がないどころか、胎児の神経管奇形のリスク軽減というメリットのほうが大きくなります。

また、葉酸サプリを規定量摂取していることに加えて普段の食事に含まれている葉酸が加わると1000㎍を超えてしまうかもしれない、という心配もあるかもしれませんが、これも心配には及びませんよ。

そもそも、1日に400㎍という量の葉酸が食事から摂れれば、わざわざ葉酸サプリメント摂取の推奨などありません。

つまり、熱などに弱い葉酸は普段の食事から1日に400㎍という摂ることが難しいというわけで、それを考えると葉酸サプリ+食事に含まれる葉酸で1000㎍というを超えるということはまず考えられないのです。

ですから、妊婦さんは安心して規定量の葉酸サプリを摂取してくださいね。

また、喘息と同じくアレルギーで引き起こされるアトピー体質の方も葉酸摂取を不安に感じているケースがあるようですが、葉酸は肌粘膜を向上させる効果が高いビタミンBの一種なので、むしろアトピー体質の方には効果的でもあると考えたほうが妥当と言えます。

アトピー性皮膚炎は、免疫システムの暴走によって多くのヒスタミンが放出され、肌細胞を攻撃してしまうわけですが、ビタミンBにはこのヒスタミンを制御する働きもあります。

つまり、アトピー性皮膚炎の方にも葉酸はとてもオススメの栄養素であると考えられるのです。

多くの市販のサプリメントは、400ugという規定量をちゃんと守って作られています。

規定量を守った葉酸サプリの摂取は副作用の心配はありませんので、妊活中の方や妊婦さん、そしてアトピー性皮膚炎にお悩みの方は、ぜひ安心して栄養補給にご利用ください。

◆葉酸サプリはいろいろありますが、他の成分のマカなども含まれて妊婦にも妊活中にもアトピーにも安心なのはマカナ(makana)です。

オールインワンサプリなので授乳中でも飲み続けることが可能です。

アレルギー対策にもよいルイボスティーが含まれるのもメリットです。

最安値になる通販情報もチェックしてみてください。
makana(マカナ)の販売店と通販で安くお得に買う方法